千葉県保育問題協議会

千葉県保育問題協議会(県保問協)のブログです。 保育に関する情報やイベントなどをお知らせしていきます。 問い合わせ等は、各種メールフォームからお願いいたします。

各種問い合わせ・申し込み先。
それぞれの用途に合わせて申し込み、連絡をお願いいたします。

問い合わせ(連絡先)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5b8fc391438507

保育センター利用申し込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ff4bab1e439802

保育学校申し込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/537f550e438509

ちいさいなかま購読申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3220a324439811

千葉保育問題協議会のホームページ
http://www7.plala.or.jp/chiba-ho/
チラシのPDFなどが置いてあります。

フェイスブックはこちら

乳幼児期に育つこと育てたいこと
   ~豊かな「学び」をどう保障するか~

2018年29日(日)
10時00分~1530
千葉県教育会館 203会議室

講師 : 長瀬 美子(大阪大谷大学)

<受講料>4,500円  学生1,000円

<講座日程>

9:30-10:00    受付 

10:00-12:00  講座 ① 
  「ゼロ,1,2歳児の発達と生活・あそび」

     大切にしたい生活、あそびの世界・関係のひろがり、保育の課題
12:00-13:00   昼食                                   
13:00-15:00   講座 ② 
   「3,4,5歳児の発達と生活・あそび」
      なかまと共に育ちあう生活・あそび、就学に向けて形成したい力
15:00-15:30  質疑


<講師紹介>長瀬 美子 (ながせ よしこ)
専門は幼児教育学で、中でもあそびを通しての人間関係の形成を研究しています。教育福祉学部の教員ですが、他学部の教育方法学も教えています。子どもたちが夢中になってあそんだり、探究するための指導方法をいっしょに学びましょう。(大阪大谷大学ホームページより)



<会場案内>   千葉県教育会館
  ◎徒歩  JR千葉駅・・20分 JR本千葉駅・・12分   
                  京成千葉中央駅・・12分
  ◎バス (JR千葉駅東口)2番、3番より乗車   
                  中央4丁目にて下車 徒歩3分
 
  〒260-0013 千葉市中央区中央4-13-10 
                             ℡ 043-227-6141


<後援>千葉県(予定) 千葉市(予定) 
<主催>第6回ちば・ちいさいなかまセミナー実行委員会



詳しいチラシは、こちら  (PDF)
申し込み、はこちら  2月1日から      
   
お問い合わせはこちらまたは保育センター047-424-8102

乳幼児期の子どもたちに保障する
保育・教育とは?
~幼稚園教育要領、保育所保育指針の改定をふまえて~

11月26日(日)10時00分~16時30分
千葉県教育会館604会議室
<受講料>4,500円 学生1,000円


講座①大宮 勇雄(福島大学)10:15~14:45(途中お昼休憩1時間)
私たちが大切にしたい乳幼児の保育
~真に子どもの主体性をはぐくむ保育とは~

  
講座② 伊瀬 玲奈(和洋女子大学)15:00~16:30
子どもの発達を学ぶ
~乳児保育の大切さをふまえて~     
 

<講師紹介>
大宮勇雄(福島大学教授)
・福島市生まれ
・東京大学教育学部
・同大学院修了
・現職 福島大学教授(保育・幼児教育)
・全国保育団体連絡会会長
著書
『保育の質を高める―21世紀の保育観・保育条件・専門性』 『「学びの物語」の保育実践』 『どう変わる?何が課題? 現場の視点で新要領・指針を考えあう』(いずれもひとなる書房)

伊瀬 玲奈(和洋女子大学)  
・聖徳大学大学院児童学研究科児童学専攻博士前期課程(児童学) 和洋女子大学助教。こども発達学類 こども発達学専修所属

署者:『幼稚園・保育所・施設実習完全ガイド』(共著)ミネルヴァ書房 『保育者論』共著光生館
『エピソードから楽しく学ぼう保育内容総論』(共著)創生社

詳しいチラシは、こちら  (PDF)
申し込み、はこちら
お問い合わせはこちらまたは 保育センター 047-424-8102

第281回保育学校「子どもの安全を守るために~職員間、保護者とのコミュニケーション~」

保育をとりまく状況は予断を許さないものとなっています。「待機児童問題」ばかりに焦点があたる中で、保育士の心と仕事(=保育の質の根底にあるもの)は無視されているように見えます。現状のままでは、保育の基本である「子どもの命」すら危険にさらされかねません。「子どもの命を守る具体的な行動」と共に、今の保育の問題も皆さんとお話ししたいと思います。(掛札)


逸美 さん (NPO法人 保育の安全研究・教育センター代表理事)

月3日(日)13時~16時(受付 12 30 分~)

葉保育センター(JR船橋駅南口より徒歩 15 分)

30 (定員になり次第締め切ります)

受講料 ,500円

☆掛札 逸美さんのプロフィール☆ NPO 法人 保育の安全研究・教育センターホームページより

筑波大学卒。心理学博士(社会/健康心理学、コロラド州立大学大学院)。専門は安全と傷害予防の心理学、コミュニケーションの心理学。

2013 4 月、特定非営利活動法人(NPО法人)NPO 法人 保育の安全研究・教育センター設立。

日本保育園保健協議会専門委員(心理) 。所属学会は、日本保育学会、日本小児保健協会、日本子ども学会、日本健康心理学会。「平成27 年度 教育・保育施設等の事故防止のためのガイドライン等に関する調査研究事業検討委員会」の委員を拝命。

最新著書『保育者のための 心の仕組みを知る本:ストレスを活かす、心を守る』(ぎょうせい)



チラシは、こちら  (PDF)

申し込み、お問い合わせはこちら

このページのトップヘ